スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています



  • 2014.11.14 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

散らば花のごとく


皆さまこんにちは。
大雪の中、雪組千秋楽を捨てて旅立ち、
昨日残雪の東京に戻って参りました。

家に帰って、昼寝(朝寝)して、起きたら夕方近くて。
旅行中に撮りだめしていたタカラヅカニュースを見て、
東京公演の千秋楽を、観終わったところでした。

一番最初に思ったことは、「ああやっぱりな。」

正直、飛行機疲れがたまりすぎてて昨日は何も考えられず、
とりあえずツイッターに書き込んでおわりました。
旅行先で衝動買いしてしまった新しい枕で快適な朝を迎え、
スッキリと覚醒してきてから、朝の準備をしつつ
「...なんか嫌なニュースがあったような気が...」
と思って家を出てi-podをかけたら、しょっぱなの曲が
B'zの「わるいゆめ」って...(~_~;)
本当に「わるいゆめ」だったらよかったのにね。
公式確認したけど夢ではなかった。

最後のポスターも豪快で、潔くてかっこいい。
「散らば花のごとく」なんて、そんなぴったりすぎるキャッチコピー見たくなかったよ。

覚悟は、2年前からとっくにできていたことだったけれど
やっぱりお別れは寂しい。
キムシン作品が見たかったとか、閣下が見たかったとか(笑)
運動会出てもらいたかったとか、
あと1作、あと1年...なんて思ってたらキリがないんですけどね。

でも少しだけホッとしてる部分もあって。
トップになる=サヨナラへのカウントダウンなので、
いつ「その日」が来るのか、いつも怖くて、不安で不安で仕方なかった。
でも公演に向き合う気持ちは記者会見の壮さんと同じ
「これで終わっても悔いがないように、全力投球でやってきた」
だからお財布事情も厳しくてだな(苦笑)

発表するタイミングは、東京公演中でも、東京公演の前でも良かった。
でもそれをしないで公演終了後にしたのは、壮さんなりの優しさなんでしょう。
ファンの皆の笑顔を曇らせずに一公演を終わらせてくれた。
「次が最後」って思わせずに、私たちを笑顔にしてくれた。
大劇場の大階段で羽根を背負った姿を見せてくれた。
退団していく組子にも、自分の退団公演を全うさせてくれた。

短かったけど、幸せな夢でした。
本当にありがとうございました。

あと半年、よろしくお願いします。

最後に。
今まで作りためたミニ壮ちゃんを集めて、卒業記念アルバムを作って
壮さんに差し上げたいと思っています。
最近の作品はほとんど網羅してるんですが、
下級生時代はあやふやなところもあるので
「これは必須!!」みたいなものあればご指摘・アドバイスお願いいたしますm(__)m
http://nightingale.holy.jp/bajiru/_so/index.html
 



いざ喜び謳え 皆集いて謳え


みなさま、新年CONGRATULATIONS〜〜!!
おかげさまで、昨年は忙しくも充実したヅカライフを過ごすことができました。
今年も力の続くかぎり突っ走ります(^^)v

昨日の初日で、無事に壮さん詣で(?)を完了し、ご本人に手渡ししてきたので
年賀状お披露目でーす。
ねんがじょー
今更クリスマスツリー?ええ確かに(笑)
でも今年の年賀状は、クリスマスツリーにしたかったんですよ。

ツリーの一番上に飾る星、ありますね。あれの名称をご存じですか?
そう、「トップスター」です。
イエスの誕生を告げ、東方三博士を導いたとされるベツレヘムの星が起源だとか。
「聖夜物語」の「Joy to the World」でも歌ってますな。
♪東の空に 星光り 神の子生まれた〜〜♪って

初めて聞いた話でもなかろうに、昨年12月に、ふとクリスマス特集なんてものを見て
あの星の名前を見たときに、ぞわっとしたんですよ。
今まで見慣れてきたクリスマスの飾りが、すごく特別で素敵なものに思えて、
やはり改めてお祝いというか、トップスターのツリーを、壮さんにお届けしようと思ったわけです。

80周年から観劇を初めて、100周年という今日を、
一人のスターの、トップスターのファンとして迎えることができましたのも、
壮さんがいてくれたからです。

この一年も、壮さんがひときわ大きく輝き、私たちファンや雪組を導いてくれるように...

感動したショーの歌詞を一部抜粋して載せました。
「その種は愛に育まれ 大きな大きな花を咲かせた」
これは、宝塚歌劇団そのものを意味しているんだと普通に思ったんですが、
あゆっちのエトワールを聞いたときに、=トップスターだと思ってトリハダ立って。
冷静に考えると、このフレーズは壮さんとあゆっちしか歌ってないし。

ツリーの飾りは、パレードにちなんでハートにしようかとか、
去年一年の壮さんツリーにしようかとも思ったんですが、
一番上のがトップじゃないといけないんで。
初舞台とキツネは必須、あんまり派手すぎず(笑)
クリスマスの飾りっぽいものを選んでみました

昨日の初日は熱かったっすねぇ...
初日(新年)アドリブも炸裂でしたが、まっつおかえり拍手がものすごくて。
何より、直接言葉には出さないけど壮様が嬉し壮でねぇ(笑)

そしてその熱気も凍りつくほどの出の寒さといったらね...((+_+))
上半身はダウンとカイロでびくともしないんですが、膝がヤバイよ。
ひざ下が自分の体じゃなくて別の物体になったよ。
もう決めたわ、アレ買う。あの風通さないっていうやつ。カッコとかいってらんないわ。冬なめんな(笑)

ということで、皆様もお健やかに、今年一年もよろしくお願いいたしますm(__)m



温かい、雪の国


キツネちゃんが「暖かい雪の国」(by2012タカスペ)に旅立ってから、1年が経ちました。
年末で仕事が忙しかったこともありますが、平穏な幸せに浸っていたというか、かみしめてる感じ。

昨日見たタカラヅカニュースの日替わりコーナーWinter特集が、
堕天使の涙のラストシーンをピックアップしてました。
あーそっちか、その手があったか。だから聖夜物語前日だったんだチッ
そうそう、前に雪から旅立ったのも、クリスマスだったなぁと。
画面を見ながら感慨にふけっていたら...
感慨にふけるまもなく、コム水二人の会話だけでまさかの終了Σ(・口・)

ちょ!!そこじゃないでしょ!人間がどーたらいう会話じゃなくて、
その後!!出会った人間たちが登場するところでしょ!!
最後に座布団(おい)に乗っかって笑顔で手を振るルシファー様でしょ!!
その場にいた父(さゆファン)と二人、わかってねーなー(`ε´)とブーイング

思えば聖夜物語のピックアップシーンも微妙だったな...
最後のデュエットダンスか、ルディーマーチンと出会ったラストシーンか(それだと堕天使とかぶるけど)
それかクリスマスショーだったら盛り上がる「Joy!Joy!Joy!」だと思うけどなぁ。

今回の編集担当!出てこい(−−〆)


まぁ、そんなこんなであっという間に年末ですが、
久々に財政難です。
後先考えずに遠征やら買い物やらしまくりました。
壮倒れです。

「行かなくちゃ 君に会いに行かなくちゃ でも”金”がない」

シャルウィの主題歌が素敵な曲だから、配信されたら絶対に買おうと思っていたのに...orz

声が聞きたい。でも金がないorz

そうだ、DVD-BOXの特典CDに入って...ないよな、最新だし


あ?DVD-BOX発売記念で、「くちばしにチェリー」をクリスマスに先行配信だぁ?

買うかーーーーー!!ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!

1週間まてば映像つきのが手に入るんじゃい!!
意地でも買うか!!


と、思っていたら、
昨日まさに絶妙のタイミングで、
i-podの電池が切れました....

充電するにはPCにつながなきゃ。
つないだらi-tunes開くよね。
まぁ、なんとなく見るだけよ、見るだけ.....

視聴するだけよ、視聴するだけ....(ぽちっ)


.....

♪ちゃーくちーーー♪ちゃーくちーーー


「くちばしにチェリー」と、「Refrain」「Change」、ついでにフェルゼンも買いましたけど、何か?
 



平凡さに、ときめく


どうも、お久しぶりです。
つい数時間前に、お茶会強攻遠征から東京に戻り、オフィスの机で居眠り...はしてませんが(笑)

宣言通り、初日が明けてからはミニらんとむ特集”どころ”ではなくなり。
いやむしろ、怪獣たちの来襲(笑)によってミニ壮ちゃんをつくる”どころ”でもなく。

お茶会用のアクセ制作も遅々として進まなかったために
18日からの5日間は就寝2:30でどうにか仕上げましたよ。こういう時に限って仕事も忙しいんだなぁこれが。はっはっは

見た来ましたよ、Shall we ダンス? CONGRATLATIONS
うん、もう楽しかった!!


トップになってから、初日見なかったのってよく考えたら初めてだったのね。
スカステニュースの初日映像を見ながらルンルンしつつも、
「なんで私この場にいなかったんだろうorz」
「なんでこの時間を共有しなかったんだろうorz」
という気持ちにさいなまれ、なんか悔しいのでブログの初日レポも読まずにいました。

芝居もショーも見るところがあっちゃこっちゃありすぎて疲れたけど、とにかく楽しい!!
祭りだ祭りだ!!って感じ。

トップになって初のオリジナルショーだし、初めての大階段羽根だしでもっと感きわまるかなーなんて思ってたんですが、
追っかけるのに精いっぱいだったのと、ラブハートラブの衝撃が強すぎて...ってのは冗談ですが(笑)

前日に見た風共に比べて、「平和っていいなぁ」なんてほのぼのするし(笑)
金髪スーツリーマンなんて、かつての挫折専科とそっくりなのでまた平凡であることの幸せをかみしめたり。
普通に仕事してて、マフィアも関係ないし(ラストのスーツがマフィアみたいだって本人談)変な薬も買ってないし、闇取引もしてないし、暑苦しい(笑)オトモダチはいるし、可愛い妻と娘もいるし、
平凡って素晴らしい!!

いかにも宝塚的な宮廷ダンスのプロローグからの、オフィスでの居眠り姿。なんだアレ。激萌えすぎるわアレ。
2回目観劇した時、どのぐらいのタイミングでinするのかと思って暗がり見てたら、
ポールの説明終わる直前に猛ダッシュしてた...(笑)(萌えポイントUP)
まぁそんな他愛もないサラリーマンの日常ににょろっと現れるともみんがまた...(笑)
青木さん(違)に関してはまた別項で語らせて下さい。

ダンス初心者のあのカクカク具合といい、
「ゆっくりすぎんだろーがーー!!」とせしこに罵声を飛ばされるところといい(笑)(彼女についてもまた別項で是非)
ともみんの気持ち悪い動き(褒め言葉)をやや引き気味で見てるところとか
緊張しすぎ(笑)の競技会とか、

平凡であるが故の素っぽいしぐさ・表情が全て萌える。カワイイ。
まぁ、壮一帆がどんな役をしようと私が萌えないことなんて今さらあるわけないですがね!!

2曲ある主題歌も、どちらも素敵な曲ですね。じっくり歌いあげる歌を聴くことができてよかった。
ショーがアップテンポで歌詞が多いから余計かな。
藤井先生おなじみの芸名ソングもとても光栄でありがたいことだと思うけど、私はやっぱりバラードが好きだ。

とかいってたらなんか眠いわ。
夜行バスは肉体的疲労がハンパないので、新大阪に泊まって、早朝の新幹線で帰京したんですけどね(職場は東京駅の近くです)
最初は寝起きでスッキリしてるもんだから、
東京駅まで確実に座って、寝ていけるなんてこれは案外楽かもなー♪とか思ってたんですが

座りながら寝ると首肩にクルわこれは(-_-;)
名古屋以降はお尻も痛かったし...座ってる時間長かったしなぁ。

往復2時間半×2=5時間
観劇2時間半×2=5時間
お茶会2時間

合計12時間!?いやーー!!海外旅行並みじゃん!!
 



裏おとめの公開求む(笑)


雪組クイズ、リアルタイムで見ました♪

いやあ、がおり君が何度も加治様「油断するなっ」やってて、ノリノリでしたねぇ(笑)

アンケートクイズ
雪組といって思いつく漢字1文字=「和」私が投票した「凛」は2位でした

雪組全員が出演する番組を作るとしたら?
→壮一帆のしかけるドッキリ番組が1位。私はどっちだったかなぁ?ドッキリにしたかな?
「ばっさり」が気に入って2位のお悩み相談にしたんだっけ?(絶対「人の悩みなんか聞いてられん」とかいって相談にならなそうだけど)
ここの大ちゃんのコメントが面白い。
「罠をしかけて嬉しそうな壮さんと、その罠にはまってドキドキしてるまっつさんが見たい」
まっつ限定かい!!(爆)
でもきっと、実現したらまっつ=標的と見せかけてグルになってる仕掛け人、
で、実際ハメられるのは大ちゃん、とかになってそう(笑)

確かやってみたい公演とかなかったっけ...?問題になってなかった気がするけど。
今スカステHP見てみた。刑事もの(制服)が1位。和物は3位(さんざんやってるからね...)

ベルばら公演中に流行していたという、「裏おとめ」に関する問題が出てたんですが、
それと同時に出演者全員の裏オトメも公開。
歌劇の1コーナーにちょこっと載っていたのも可笑しかったけど、
ご本人が真正面むいて
「猪エリザベート(いの・シシィ)です(キリッ)」
「鬼瓦13(おにがわら・ゴルゴ)です(キリッ)」とか自己紹介するって、シュールすぎる(笑)
おとめの写真とともに、どっかでまとめて公開しませんか?(笑)組本とか...いや、やめよう、誤解受ける(爆)

パーソナルクイズも、人柄が出ますよね...

しるこサンドとルイボスティーは勉強不足でしたわ...不覚orz

でも今回の副賞は、お茶とお菓子のセットでなかなか気が利いてるなと(笑)
少なくとも、○まい棒1000本とかでなかったことにホッとしている(笑)



だってもともとぶっ壊れてんじゃん?これ


今さらですが、よく考えたらご贔屓様お稽古中は暇なので(笑)
リアル観劇時にかけなかった、「サン=テグジュペリ」の感想(ツッコミ)を書いてみようかなと思います。

まぁつまんないというかなんというか、ザックリ言って、ひどいよね!!
愛する花組で、恋人もいるのに、あらゆる登場人物に感情移入できない舞台なんて「皇帝」以来かもね!!
(キツネ萌え〜〜とは別です)

初見したときにあまりのカオスっぷりにどうツッコんでいいやら本当に頭を抱えましたよ(^_^;)
銀魂のゴリラ結婚式並みの壊れっぷりでねぇ。
「ぶっこわすったって、最初からぶっ壊れてんじゃん?これ?だってゴリラだものー(突っ込む気力0)」みたいな
(すいません、わかる人だけ笑って下さい)

それでも「殺し」「泣かせ」の谷だから、定番のお涙頂戴シーン「ミ・アミーゴ」はグッとくる。
今回はみわっちの卒業、壮さまの組替えもあって余計にキましたねぇ。
死んだ仲間が一列に揃って銀橋を渡り、ギヨメ一人遅れてサンテックスとエール交換、仲間と合流っていう流れは
「紅の豚」を思い出しましたね。戦死した仲間が一人ずつ上空に上がっていって、雲になっちゃうの。
ギヨメ(壮さん)が行っちゃうよ〜〜〜(泣)と。

そういう役者に対する思い入れがない上に、演者のスター技術がまだ浅く、
かつコンガがついてない新公を初見で見ちゃった母の苦労は察するに余りある...(笑)

CSで千秋楽放送したときも、ぶっちゃけコンガだけ撮れてればよかったんですが、
まぁ、時々見返すこともあるかもしれんと思って、
早送りしながらキツネとギヨメ初登場とミアミーゴとホルストの場面だけチャプターきっといた。
途中で子を寝かしつけた妹が出てきたので(丁度泊まりにきてた)
お話を端的にわかりやすく説明してあげたら、カオスっぷりに笑いすぎて撃沈してました(爆)


では、駒家のチャプターリスト&セレクト名場面を感想とともにどうぞ。
〜〜〜〜

プロローグ、らんとむプリンス。
妹からも、意外と可愛い(笑)と高評価。しかし歌詞がダサい。
いまどき小学校の学芸会でもディズニーでも歌わないだろうと思えるほどの内容。しかも字余り。
そしてそんな愛にあふれた(笑)学芸会的な歌を、大人の男ラントム様が歌ってるという事実に戦慄。

ここから怒涛の「星の王子様」コスプレショーになるわけだが...長い。無意味に長い。
キツネとか薔薇とか登場しても、ただにこにこして踊ってるだけって...
「♪俺はキツネ、飼いならされずに自由に生きる〜」とか、
「♪私はちょっとわがままな薔薇の女王よ〜」みたいな人物説明ソングでも絡めてくれるのかと思ってたよ。
前述の王子の歌が長すぎただけに!!
いろんな感想でも見たけど、物語のキャラクターと実際の人物が全くリンクしてないのね!!
みわっち以下のキャラクターもぞろぞろ出てきただけで何も言わないから誰がどのキャラだかわかんねー
キツネなりうぬぼれ屋なり、それぞれのキャラクターとリンクした性格があって、
星の王子様を描いた、とかいう話かと思ってみたら何もないし...
そしてあの汽車ポッポダンスは一体...(笑)
コスプレトップ3の銀橋渡りとか可愛いけどさ、インシャラーのトンチキトリオ(失礼)とどう違うの?
とりあえず、キツネ登場と再登場でチャプター。

プロローグ終了。薔薇のブーケつくる孫とじっちゃん。
ベ可愛い。とりあえず孫をひっぱたいて旅に出させるじっちゃんではないようだ(エルドラード)
ホルスト登場でチャプター。

ギヨメ初登場場面。
私は一時期から、谷芝居の時代劇っぽく長すぎる台詞が本当に生理的に受け付けなくなったみたいで
このあたりの飛行士さんたちの説明台詞にはちとうんざり。
飛行機とんでるシーンは舞台で表現できないから仕方ないとは思うんだけど、
そんなみんなで客席の天井に向かって話されても....
最新鋭の機械が得意な先生だったら、映像使いまくりなんだろうな(笑)

主人公の親友の初登場シーンであり、なんか危機一髪!!的な演出をしたらしいのだが、
これ以前にギヨメ自身の説明が一切なく、
サンテックスが一言「ギヨメは?」と言ったきりでそれを聞き逃すと、
みんなで着陸を応援しているらしい人(笑)が誰なのかさっぱりわからない。
かく言う私も初見は聞き逃した(汗)いや、ギヨメって聞こえたんだけどさ、郵便の行き先とかマルセイユとか地名やらが飛び出してきたもんだから「リヨン」って言ったのかなとか思ってさ(笑)
マリンの「さもありなん」を2言ぐらいカットして、
「そんなに親友のギヨメが心配か?」みたいな台詞一言でもあれば違うのに。

で、なんか見てたらやっぱりギヨメって人が着陸しようとしてたらしい...って、横風に煽られた!?ギヨメーーー!!びっくり
っと思ってたら、スモークとともに上手端から歩いて登場...コントかよっ(笑)とりあえず焦らされたのでチャプター。

・さんざん焦らして登場したギヨメの、疲れ切った顔がツボ
・飛行士の白マフラーって、カッコイイよね( ̄ー ̄)
・サンテックスの整備士(パートナー)はマリンちゃん、メルモの整備士はふみか。じゃあギヨメは?答えはよっち。
この憔悴したギヨメの後ろから、出てきてたと、隣の壮ファンに教えてもらいました...壮さんしか見てなかったから気付かなかったよぉ、よっちごめんよぉ〜〜〜(T_T)(※最後の観劇で確認しました)
・なんだかんだ言って、サンテックスが一番最初に安否の確認するのがギヨメってのが、ちょっと萌え(笑)

・キキちゃん、この公演とオーシャンズ連続で「無理」しか言ってねぇ(怒)(好きです)
・飛行士服でなくタキシードが標準装備のみわっち。一人違う衣装だけど違和感なし(笑)


次いで、クラブの場面。
前述の通り、私は谷の長々台詞が好きくない。時代劇ならまぁこんなもんかで済ませられるものも、
現代の衣装を着て時代劇のような台詞を話されると頭が痛くなる。
ギヨメたんがしゃべってようと、ウワバミのシュールさが好きだったとしても(笑)
ウワバミクイズはサクッとカット。
コンスエロの初登場だけど、出会いが寝てるって意味わからん。
二人のタンゴは素敵だったんだけどねぇ。

・寝てるサンテックスの身柄送り先がギヨメな件(笑)
 
現代の人たちのお話。とりあえずチャプター。

次はチャプター切る気はなかったのだが物語最大のカオスとして必須(笑)場面なので、妹に見せる。
奥様たちの優雅な午後のお茶会....じゃないやつが約一名(汗)
ちょっと蘭ちゃん、いくら芝居つまんないからって一人コンガの練習してちゃだめよー(笑)
もちろん妹もドン引き(笑)

だって半沢直樹で言ったら、銀行員の妻たち集会で「支店長夫人ったらほっほっほ」って言ってるそばで
花さんが一人でドンドコ踊ってるんですよ!?(いや、はなさんですが)
...これじゃ、周囲に溶け込めず浮くよなぁ(笑)じゅりあでなくても嫌だ(笑)
というか、「早く慣れなさい」とか言いながら、優雅なお茶会を普通に続けている奥様方がツワモノすぎる(-_-;)

愛する夫が行方不明になったと報告を受けても、ひたすら踊り続けるコンスエロ...
ここで一花「彼女は夫の無事を神に祈っているのよ!!」ってオマエ誰だよ!!(笑)
本当に唐突すぎたので、私が一花を見落としたのかと思ったんだけど、やっぱり唐突だった(笑)
小姑たちと同時に登場したということは、彼女が案内したのだろうと推察するに
ここできらりあたりが「ネリー、あなたなんてことを!」→一花「トニオのパトロンとして断りきれなかったのよ」
みたいな会話でもあればネリーの立ち位置とともに説明がつくのになぁ。

砂漠で放浪するサンテックスと王子様との出会いはさらっと流して(酷)次のギヨメの出番は...
あ、ミ・アミーゴね。紺色テーラージャケットに金髪リーゼント。
いつも見慣れすぎたせいで見分けがつかなくなってきた(笑)
「残していくなと悲鳴をあげる」→残していくのはオマエだろ(T_T)とか、
「同じ飛行機には乗らない」「空があるかぎりどこまでも一緒だ」という歌詞が、
組替え決まった今となってはなかなか感慨深い歌詞です。音楽は演歌ですが。

・「失恋した恋人を忘れられない...」失恋って言ってるあたりから、メルモはサンテが既に死んだことにしてるよね(笑)
・この場面&次の場面では、まゆえりのラヴラヴっぷりを温かい目で見守ってあげましょう(笑)
・ヒロインが後ろから出てきて、他の人とイチャイチャしてる場面を見てこっそり逃げるなんて、
そんなお話がいまだかつてあっただろうか(^_^;)
・「待ってます」のみー君も、その後の四角関係ダンスもかっこいいのだが、オマエ誰だよパート2(笑)
・そしてみー君の出番これだけ?ええー....

そのあとなんやかんやあって、戦争はじまって(1914と同じ歌じゃん。もっと前に元ネタあったのかな)
キツネですね。
これは本当にギヨメ本人だったのか、声にエコーかかっていたから亡くなった後のユーレイなのか不思議なところですが
ユーレイだったら、愛するサンテのとこにまっすぐにいくよなぁ?
キツネを擬人化するなら王子様=サンテックスとの友情で話を進めればもっと良かったのに。
いやまぁ、まゆえりでこの学芸会を忠実再現されたら色々困るけど(笑)

次の場面でギヨメの訃報(T_T)
・これが本当の郵便事故ね....
・ミ・アミーゴリプライズ、亡くなった友人が一列に並んでる姿は泣ける。
・メルモ→撃墜、レーヌ→戦死、ギヨメ→撃墜、で当然ギヨメの整備士のはずのよっちもお亡くなったとして、
まりんとふみかはいつ死んだのか?
・ふみかはメルモの整備士だけど直前にクビになってるし
・まりんはサンテの整備士でしょ?サンテが小説書いてたらマネージャー業してたんじゃないの?
・細かいことは色々ありますが(笑)愛し合う二人が良い笑顔。

その後はサクサクサクっと、ラストの砂漠シーンまで。

飛ばしてしまいましたが、語っておきたいサンテとコンスエロの最後の別れ場面。
なんとなく泣かせの良い話にしようとしてるあたりがうすら寒くて怖い。
妻との最後の別れで、唐突にボク口調になって笑いだしたら完璧アブナイ人だよ(T_T)
(妻も突然踊りだす人ですが)(似た者同士か)
とーこちゃんのバウ「イカロス」が星の王子様だったので、似ている台詞がちらほらあります。
「振り向いたら悲しい思いをする」とか。
イカロスの元ネタを見たという意味ではよかったかな(それだけ)

そして砂漠でチャプター。
ここでホルストを蛇にして、サンテの最期と王子様の最期をリンクさせようという気持ちはわかるんですが、
このリンクが上手くない。
だって、サンテックスが砂漠で遭難して蛇に殺されたみたいになってるじゃない。

まぁそれはそれでサンテが亡くなったとして、現代に戻ってから。
レオン、ポーレットと一緒にこれまで散々一緒にいてサンテの昔話をしていたはずのホルスト、どこいった!?
せり上がってたし、蛇から着替えなきゃいけないからね、ってな大人の事情が見え見え。
ナニこの頭悪い展開。
「セリから降りて着替えてました」という大人の事情はどうでもいい(笑)
サンテの昔話を聞きに来た相手がどっか言ってるので、レオンはやむなく星の王子様朗読してるし(笑)
一番謝罪をすべき相手(コンスエロ)が登場したってのにホルストはトイレでも言ってたのか?(笑)

でも、「あなたの戦争が今終わりました」はすごい台詞だと思う。ゆーちゃんだからこその迫力と重み。絶対忘れないわ。
イーハトーヴ作った藤井先生なら、幻想世界とのリンクももう少しきれいにしてくれたのかなーなんて思ったり。

色々と目のつけどころは悪くない。言いたいこともなんとなくわかる。けど、色々惜しい。
そしてその惜しい部分が重なり続けて、不幸なことにカオスなミュージカルに。

この後、カオスつながりで、妹にコードヒーローのお話をわかりやすくかいつまんで解説してあげました。

・まーくんが殺人の冤罪を着せられて、10年投獄されてたの。
・それで、自分を陥れた犯人を捜し出して復讐する!って出てきて、同じような事件で婚約者が投獄されてたみりおんをたきつけるわけ。
・人さまのプライバシーにづかづか入り込んで、いざその気になったら「女は連れて行けない」とか言い出すから、
みりおんもキレちゃって、まーくんがつけてた手錠を一緒にかけて「私たちは一心同体よ」みたいな変なこと言って、一緒に行くことになったの。
・で、そこに手錠プレイのだいもんが駆け込んできて、二人と同じだから仲間だみたいな感じ。でもFBIの潜入捜査官なのよ。(いきなりネタばれ)
・潜入捜査って、主犯のサオタなりフミカなりにくっついてるならまだしも、被害者で何の情報もつかんでないマー君にくっついて、何したかったんだろうねぇこの人?(だいもんファンに問いかけ)
・3人の事件の共通点ってのが、目撃者が郵便配達人だったってことなんだけど(妹撃沈)
妹「えwwwで、郵便配達人が犯人だったの?」
・うん、実行犯だったんだけどね。真犯人を暴露しそうになったら後ろからプスッと猛毒吹き矢で刺されて死ぬの(妹撃沈)
妹「ちょwww吹き矢ってwwww何時代www」
・吹き矢使ったのは一花なんだけどね、(更に撃沈)
妹「なんで吹き矢www」
・一花はピストルの銃声にトラウマがあるの。結局銃撃戦で死ぬんだけどさ(妹戦闘不能)
・黒幕は結局よくわかんなかったなぁ。サオタだったのかフミカだったのか。
・で、殺人の自供はしたけど余罪は黙秘してるらしいから、法で裁けない悪を裁く、コードヒーローになるんだ!!ジャーン!
みたいな感じで、明るく開き直ったJOKERって感じ?
・ちなみにみりおんの婚約者は収監中に精神を病んじゃってて、みりおんは彼の事はもうどうでもいいらしいよ。

ということで、妹は笑いすぎて呼吸困難になり、一花=謎の女認識になった(爆)

谷は、自分の星に還れ。そして二度と帰ってくるな。



♪人生はミ・ラ・クル〜私とあなたは裏表


今日、月組を見てきたんですけどね。

開演前のロビーで、なんと旧かしげファンの友人と再会したんですよ。
それも二人も!!
直接目撃はしてないが、どうやらもう御一方いたらしく。

私と母、そしてその3人と、計5人のかしげファン(しかも知り合い)が
月組を同時観劇していたというミラクル(笑)

そして再会した方々に、代わる代わる言われたことが
「壮さんおめでとう」

旧かしげファンが、同時に月組観劇をして、その劇場で壮さんのお祝いをされるという
なにこのチグハグなミラクル(笑)

現在、それぞれ違う方のファンとしてこの公演を見ているそうな。
うち一人はみやるりちゃんという、駒親子も「さもありなん」な方でした。
似てるもんね!!私たちもみやちゃんばっか見ていたよ!!

ショーで、エキサイターの衣装が2種類も使われていて、懐かしかった。
家に帰ってDVDを見返してみると、うーん、やっぱりまとぶんてクサイ(笑)(褒め言葉)
マサオ君って、舞台に独特のくどさがあるじゃないですか。
でもそれって、星組の臭さ・くどさとはまったく異質なんだよね。
近いところで瀬奈じゅんを踏襲しているような...
涼風真世さんの抑揚にもちょっと似たようなテイストがあるような...
と考えてみると、「月組」らしいトップスターなのかもね。

そう、外に出ると気づくんだけど、星組ってクサイのよね!!(笑)
でも決して嫌いじゃない。
長年「ホーム」として見てきたから、ほかの組で星組のクサさを見ると、
むしろなんだか懐かしい(笑)
花のまとぶんしかり、月のみやちゃんしかり、
雪のともみんしかり(笑)

星の頃は、他に贔屓がいたんで、すいませんぶっちゃけスルーしてたんですが
ベルばらに今回の全ツと見ていくと、やっぱコスプレ映えるなぁと。
両公演共に色んな意味で暑苦しく(笑)浮いてる感じだったけど(笑)
でもその異質感が、おもしろい個性を出している気がするよ。
「若き日」「ナルシス」どちらも星組公演だったっていうのも関係があるのか?

で、もんのすごい長い前振りかーらーのー、まさかのともみん語りかーらーのー、
ナルシス「光と影」の話です。月組の感想は...いずれまた、書く気になったら(おい)

前の日記でも鼻息荒く(笑)語ったところですが、
好きな人がかっこいいマタドールコスプレをしてくれたことで視覚的にも楽しいし、
物語のある場面というのはリピートすることでまたサイドストーリーなんかを
想像していくのが楽しいですよね♪
この場面は、らんとむ版を見たことがあるので初見ではないのですが
テーマは「一人の男の内面の葛藤」ということですよね。
場面のコンセプトも理解しているし、場面の名前からも、服装からも、
えりたん=光、ともみん=影ということも理解してはいるんですが、
まあーともみんがねぇー、存在感ありすぎちゃって!!
マタドールが様になりすぎちゃって!!

影に見えない(笑)

ずいぶん昔に、テルキタでざ・たっちの「幽体離脱」をパロっていたのを思い出したりして

いやいや、背丈は釣り合っているけど影じゃないだろお前、
ていうか完全に別人格だろ

と心で突っ込んでいたら、ふと思ったんですよ
フアンとガラベエトオじゃない?
いやまぁ、ともみんも元気に布振り回してるから、
ただのサポートにまわってるガラちゃんとはまた違うと思うけど。
同じ境遇のライバル友情物語を想像してみてみると、なんかすごく面白い。

...二人とも人間、友情と思ってみてたら、
いきなりチューするからビックリしたけどさ(・_・;)
まぁ、スペインじゃきっと日常なんだよきっと。(そこ、血と砂基準にしない)

2回目にしてmy楽の市川では、いずれDVDになったとしても
後半のヴォーカルがカットされて二度と同じ世界観を味わうことができないから
食らいつくようにガン見して、歌もよく聞いていたら、また新しい発見が。

怪我したときも、最後死ぬときも、直接攻撃受けてるのって、ともみんなんですよね。
そこでふと思ったこと
ともみんが本体?って

じゃあえりたんが影なのかと言われると、そうじゃない。やっぱり光なんだと思う。
光=ともみんが追い求めた理想、なりたくてもなれなかった自分ってことじゃないか。

後半、ケガしてから、ともみんが歌いだすじゃないですか。
内容が「お前に憧れ、嫉妬した」みたいな歌詞
ガラベエトオだと思えば自然な話ではあるんだけど
ともみんが本体だと考えても筋が通りそうでなかなか興味深いなと。

ああでも、ダンスに熱が入って後半の絡みも感情が入ってくると、
二人とも人間→フアンとガラベエトオ物語に戻っちゃうので、
チュー(笑)は初日の
「ん?顔近づきすぎじゃない?いまちょっとチューっぽかったよね?!近かったよね?!
...ちがうちがう、ミラーだから、心だから」っていうぐらい(笑)
無機質にやってくれた方がちょうどいいような気がする。

だってなんか...ともみんが逞しすぎるから...
あんま感情むき出しでそういうことされると...生々しいっつーか...
刺激が強すぎというか...ごにょごにょ...どきどきするじゃないですか(笑)




レベルアップ!!


ナルシス・ノアールII(トゥーww)のお話。

今回のナルシス・ノアールにはローズガーデンの場面が2場面挿入されています。
1つはあゆっち&まっつの「シークレット・ガーデン」
もう1つが中詰めの「ジェラシー」
ローズガーデンは昔観劇したことがあり、駒家内でのビデオリピート率も結構高め。
名作ショーとは思わんですが(すいません)とても懐かしく思い出しました。

ということで、ローズガーデン場面について語ってみようの会。

まずはシークレットガーデン。
パックとニンフたちから始まる場面。
少年の持ち味がぴったりだったキムちゃんがやっていたパックを、咲ちゃん。
背がおっきいのでフェアリーはどうかしらと思ったんですが、
なかなかイケルじゃないですか!
声もかわいいし、やっぱりアランは任じゃなかったんだなぁ。

まぁでもこのパックは黒だからな(笑)
かわいいと思って油断してると危ないです。
ニンフたちと一緒に遊んでるフリして、
一人に花の香り嗅がせて自分のモノにしてますよ(一番好みの娘。絶対)
初演はキムちゃんが無邪気に見えただけに、「ナニしとんねん、少年!!」と
かなりショックだった記憶が(笑)

ヴィーナスのあゆっち、かぁわいぃい〜〜〜〜( ̄▽ ̄)
髪型も初演を踏襲しながら、きれいにアレンジしてますね。

まっつが当然かしちゃんポジションのアラビア王子をやるんだろうなぁ...
アラビアターバンまっつ...?王子まっつ...?
あのひらひらたなびく王子服をまっつが...?
まったく想像つかなくて、登場まで悩んでいたんですが(失礼)
衣装がたなびく王子服じゃなくなってて、問題なくまっつでした。
身長に合わせたんだきっと(失礼)

この場面がまぁ非常にまったりとしてましてねぇ。
まぁその...子守唄的な意味合いに取られてたと当時聴きましたが(^_^;)
駒家でローズガーデンといったら、この場面は必ず見ていた。
なぜならかしげと壮ちゃんがいたから。
王子の従者で、一番最初に媚薬の餌食になる人(笑)今はキングのポジかな?
「その頃は、痩せてひょろっとしてらっしゃいましたが」「相変わらずです」


続いて中詰めジェラシー。
トド様のバリトンとどろくあの「じぇえっっらすぃいい〜〜〜」をやるのか
あの赤エリマキトカゲを着るのかとこれまたハラハラ

あ、ほんとに着てた...
あれ?こんなんだっけ?
中のシャツが黒い!ノアールだからか!?
てゆーか...バランスが変...上半身の...なんか...ブカブカ?
壮ちゃん痩せすぎだよーーー(>_<)
小顔首長だから、どんな衣装も問題なく着こなせると思ってたんですが、
まさかエリマキトカゲが似合わないとは...盲点でした。
あのインナーなくして、開襟にした方がセクスィでいいんじゃね?

それにしても、トップになってから赤い衣装が続くなぁ。
中日→ベルばら→全ツ→
おお、エリが着実にパワーアップしてるって、そんなことはどうでもいいんですが(爆)
赤は主役カラーだから?もちろん似合ってるけど、
私は青や白の正統派二枚目・壮さんも見たいぞ。

とはいえ、あーた(誰)ローズガーデンなんて壮さんの雪組デビュー戦ですよ。
初演の時に新公学年で、黒燕尾を着てはじっこで踊っていた壮さんが、
今や名実共に雪組トップスターとして、当時のトップの場面をやっているなんて...
もうその事実だけで、板付き登場した瞬間に大羽根級の感動もんですよ。
歌詞違うの違和感だけど(笑)

1フレーズ歌うでしょ?
それでそのあとサビ(?)入るまでタメがあるでしょ?
以下、タメの間の駒子心の声↓
ーーーーーーー
「ジェラシー」来るぞ来るぞ、来い、こい、こい...(花札か)
きたーーー!!(>▽<)
あ、でもやっぱ歌詞違う...
ーーーーーーー
みたいな感じで、一人で大騒ぎ(もちろん心の中でね)

「じぇえっっらすぃいい〜〜〜」は、今の壮さんなら大丈夫と思っていたけど、
力強く聴かせてくれました。

まぁ天性の轟くバリトン・トドロキ様とは土俵が違いますが、
あの黒燕尾の端っこで踊っていた子が、
やせすぎの(^_^;)新公夫差をやっていた子が、
こんなに立派になって...(涙)
グレードアップしたのはエリだけじゃない!!

その直後の「もぅえたっぎるるるる〜(燃えたぎる)」は歌詞が変わっていたので、
あの凄まじい巻き舌もやっちゃうのかどうすんだと心配していた身としては
若干肩すかしでしたが(笑)
危険な橋渡られるよりは歌詞変えてくれた方が良いのでいいです(笑)

その後のヒロイン登場も、アイヨウコパートのソロも初演のまま(歌詞は違うけど)
ユメミ姉さんも当時は下級生で出演していたので、
きっと懐かしく思っておられることでしょう。

明らかにヒロイン以外の女とも、男とも絡んでるし
「情熱と愛欲」なイメージの場面なのについてる歌詞が
「青い月の下で永遠の愛を誓う」ってまるで爽やかプロポーズになっていたのがなんか妙。
お披露目用にって事を岡田っちが何回か強調してたので、
それっぽく書き直してくれたんだろうか。
それにしちゃ場面がそぐわないというか...(笑)
永遠の愛ってオマエ、誰にだよ!?
まぁ、客席降りしていたから客席の皆さんということに、しておこう(笑)

そういや昔、「青い月の下で」とかいう歌を歌ってなかったっけ。
まーちゃんのMSだ。帰りに聴いてみよ。

そうそう、終演後、周りで聞こえた話で、
ユメミさんとニワが歌うまいって知らなかったーみたいな話が聞こえて
びっくり。
あぁでも、花に戻ってからの壮さんしか見てなければ、知らないよなぁ。
中日はカゲデュエットだし、ベルばらは...だったし。

ユメミ姉さんは高音がきれいな歌手だお!
新公やバウで壮さんの恋人やったこともあるんだお!
ついでに言うと初演でユメミパートを歌っていたアイヨウコ氏も、何度か壮さんの恋人だったことがある...(笑)

ニワは安定の美声だお!
壮さんはニワの良い声の笑い声が好きだって、下級生のころ言ってたお!

お二人の歌声を聞くなら、「タランテラ」がお勧めです。
ショーとしてはかなり異色作で中詰め以外マイナーコードで笑顔が少ないですが(笑)
歌手があっちこっちにいて場面展開が飽きません。
いたぶられる壮さんも見られます(笑)

って、どこの回しもんだ私(笑)

思えば、ローズガーデンは私が初めて「壮一帆」を認識して観劇した公演ですよ。
「タンゴ・アルゼンチーノ」の新公で出会い、
「マノン」のミゲル君を見て「壮一帆」を覚えた。
そしてその子が組替えして新公主役すると聞いて、
「愛燃える」「Rose Garden」を見に行った。壮一帆を見に行ったんだ。

その頃から、ずっと見てたんだよ。
結構長い片思いだ(笑)

この時はこんなに続くとは思わなかったがな(笑)




ソル・イ・ソンブラ


なぜマタドールの衣装はあんなにカッコイイのか。

雪全ツ初日と、花の大劇チャンポン(笑)遠征から帰国しました、駒子です。

レビューは予想以上にぬるく(失礼)古いなぁって感じ。
翌日に花組見ちゃったから余計そう思った。
新生雪組のために新しくフィナーレを書き下ろしたとは言ってたけど、
白衣装が美しかったけど、歌詞が全然ないし、なんかうーんというか...
もう作詞すらできないんだなぁ。おじいさんだから。
やっぱりショーは若い人でないとできないんだ。
インスピレーションとクリエーションとソルーションがないと...ってそれは堕天使の涙(^_^;)

こんなんだったら熱愛のボレロでもやってくれたほうがよかったわとも思ったり

それでも壮ちゃんの雪組デビュー戦だったローズガーデンの中詰を、
真ん中の立場になってみる事ができたのはおおおっと思ったし
(じぇぇぇっらすぃぃ〜〜〜 と何度心でフライングしたことか(笑))
でも初演版の歌詞がインプリンティングされているので
微妙に歌詞が変わってて違和感あったり
赤襟巻トカゲがびっくりするほど似合わなくてビックリしたりとか(笑)

このショーの目玉とされている光と影ですが、
つい最近ル・ポワゾンIIで星と花がやってるんですけど。
マタドールはビジュアルが鉄板にかっこよくて、場面設定がBLっぽいし(笑)
腐女子層への受けを狙っててきとーに配置してんだろうな、
もう劇作家として終わってるな岡田。

とは言いつつも
冒頭の一文に尽きます。

なぜマタドールの衣装はあんなにカッコイイのか。

ヤバイね、マタドール。
この場面だけで軽く3杯は飯が食えるよ(爆)

昔から、スペイン風の場面、とりわけマタドール衣装には目がない駒子ですが、
それを好きな人がやった時の破壊力といったらもう...
滾る(笑)
なんか、すごい華麗に舞ってるように見えたし...(ラブフィルター発動中だから、気のせいかもしれん)

中日のShining Rythmでもスペインの衣装はあったけど、
あれはストーリーがなくてダンスだけだったし。


ラストなんかまるで血と砂だし!!
ええ、まんまとつられた腐女子ですよ。

らんとむ版で見たときも、ミツル良かったけどこれが本公演で
まゆ×えりだったらもっと萌えたのになんて不純な事を考えていたりしたんだけど、

壮さん版で見てみたら
影のともみんは存在感ありすぎだし、体格からして大変頼もしいし
よくよく考えたら、壮さんメインであんなガチでBLくさい演出見たことなかったかもと思って、
男役同士のラブシーンなんて初めてでもなかろうに(笑)
顔が近づくと「はっ」とか息のんでるし自分(笑)
あまりにもガン見しすぎて、オペラを密着させた結果、
場面が終わったときは目の周りが汗だくだったという...(-_-;)

ともみんがまたねぇ、後ろからがっちりささえてくれるというか、包み込んで...
!今回だけよ、まだうちのえりたんはあげませんよ!!お母さん許しませんよ!(誰だよ)

訳:もっとやれ(爆)

そんなわけで、滾ったあまりに
着帽バージョン、ムレータバージョン、
2パターン ソッコー作った(爆)

もちろん参考資料は、録画しておいたル・ポワゾンIIのラントムバージョン。
久々に見てみたら、後半の怪我したあたりからのボーカルがカットされていて、
今回の観劇回数を増やさなかったことを激しく後悔しておりますorz

最後の♪ライラライラ〜ってところだけは歌詞がなかったので音声復活していたんですが
これってあれよね、エンターザレビューまとぶん版の、ウナモールよね?
道理で既視感があると思ったわ(笑)




踊る相手は...


ふっ...

Shall weのポスター発表、記者会見の模様、特設ページと続々UPされて
それを見るにつけ自然と笑みが...(笑)

いやぁ、あゆっちがちゃんとポスターに写っててくれてよかったぁ!!
先行画像では??だったちぎちゃんも美人だし!
まったく両手に花だねぇこのこの!!

そして真ん中には二人の人物の手...片方はヘイリー(あ、指輪してる)として、
もう片方は...どっちだよコラ(笑)という、
なんとなく、恋愛ゲームっぽさも感じられるポスター(笑)
私としては、ダンスなだけにもうちょっと動きがほしかったけど
(ちぎちゃんとShall we...な感じで右手をとって、左肩にあゆっちがよりそってるみたいな)

...って思ってたらきゃーー!!公式!!公式!!
3人でダンシングしてる画像があるじゃないの!!

絶対こっちポスターの方がいいのに
絶対こっちポスターの方がいいのに
絶対こっちポスターの方がいいのに!!(大事なことなので3回言いました)

トップページの公演案内FLASHの、
最後の方に一瞬出てくるんですけどね。
3人でカメラ目線でダンシングしてる上に、
壮さまがこっちに手を伸ばして、誘ってます。(鼻血)

まぁその、3人で絡んで踊ってられると、ますます一層、
どっちが本命なんだよコラ(怒)という気にもなるのですが(笑)

なぜだ、なぜ一瞬しか見られないのだ!
あの後公演案内ページも、特設ページも見たけど元画像は見つからず...
あんな良い構図の画像が、公演案内用のFLASHオンリーなんてもったいないよ〜




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

コマイズム

profilephoto
まいはにー:壮一帆
昔の男たち(笑):高嶺ふぶき、稔幸、久城彬、汐美真帆、貴城けい、彩海早矢
考えてみたら結構好き:小栗旬、福山雅治、望海風斗、芹香斗亜、その他いっぱい
結婚したい:堺雅人
よく聞く音楽:B'z、銀魂BEST、時々いきものがかり ツイッター: https://twitter.com/hopenuts

selected entries

categories

archives

recent comment

  • カーマイケル君...私には聞けんっ
    カーマイケル
  • 散らば花のごとく
    めい
  • 散らば花のごとく
    駒子
  • 散らば花のごとく
    めい
  • 裏おとめの公開求む(笑)
    駒子
  • 裏おとめの公開求む(笑)
    もも
  • ヴィクトリー♪
    駒子
  • ヴィクトリー♪
    Central
  • っていうか、今でしょ?
    駒子
  • っていうか、今でしょ?
    Central

recent trackback

recommend

links

profile

書いた記事数:801 最後に更新した日:2014/11/14

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM