スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています



  • 2014.11.14 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

かしちゃんが、結、婚.....!?


いやだぁあああ〜〜〜!!
だれが、だれが俺のかしちゃんを渡すものかーーーーーー!!



.....す、すいません、取り乱して(-_-;)

だ、だって、当分結婚はないかなー的なこと言ってたし...
2年前の誕生日なんかいかにも結婚しましたサプライズなんかしたし、
コンサートに来てたまひるにも相手の気配全くなしみたいな事言ってたし、
でもって去年の誕生日も何もいってなかったし、
まさかヤ○ーニュースのトップに、「そんな話題」で名前が出るとは思わず。

しかもあゆっちのアレに触発されて、一昨日ハスラー見たばっかじゃないかよチクショー(笑)

いやぁ、びっくりしただよ...orz

お相手は市川月之助さん。
退団後の初主演舞台で共演され、去年の年末にも共演。
....まさかねぇ...あのキャロルがそういうことだったとはねぇ...はぁ。
(9月から交際スタートってことは去年の誕生日何もなかったわけだ;)

ホッとしつつも同じ女性として、あんだけの美人で妙齢の女性に、浮いた話の
ひとつもないのもなんかさびしいような気もしていたし。
なんかもう母心的なものもあったしねぇ。

そうだよね...ダンキチも俺様も結婚したしねぇ...
やっぱり病気とかあったから、気持ちが変わったのかもしれないね。

蘭ドレ壮ドレトークの感想を書きつつ、
ミニ蘭ドレとか作ってみようかなーなんて思いながらPCをあけたら、
全部吹っ飛びましたぇ(@_@;)

かしちゃん、おめでとうございます。
良いご縁に恵まれたのだから、どうぞ末永くお幸せにね。
(なんとなくここの絵オスカルにしちゃったけど、ツァイテルかジャッキーにすりゃよかった(笑))



大江戸人情...歌劇?


 日曜日に、明治座の「大江戸緋鳥808」を見てきました。
女鼠小僧的な、よくある大江戸人情物...かと思いきや、
予想の斜め上を行くかっとび方で(^_^;)
いや、面白かったですよ。

わたるちゃんは男勝りの姫役ということで、常に男装で立ち回りもばっちり、
ラスト付近であんみつ姫みたいになるのかと思っていたら、結局若衆姿のままでしたが(いやそれで良いけど)

かしちゃんはきゃぴきゃぴブリブリの町娘でいつも人質に取られたり、浚われたりの「やられの美学ヒロイン」かと思いきや、敵に操られて刀振り回すわ、
わたるさん、真央様も交えての三つ巴立ち回りもやるわ、

そして真央様のカリスマオーラに感心しっぱなしでした。
長屋のおばちゃん(マヤさん)と同期とは思えない...人間じゃないだろ、あの人(笑)

一番驚いたのが、唐突に始まるフィナーレ。
ラメは飛ぶし、着物もラインストーンつきだし、本家の和物ショーより派手なんじゃないかと(笑)
時代劇観に来た人はびっくりするんじゃないかなぁ。
観客の半数ぐらいのニーズは満たしているんだろうか(-_-;)

そんなわけで、今週のVS嵐に、大江戸緋鳥チームが参戦するらしいよ。
かしちゃんはまた籠かきみたいですが(^_^;)
楽しみです。



パリにはいろんな人がいる。


かしちゃん主演「ビクター・ビクトリア」早速みてきました!!

いやいやいや....

さすが自由の国アメリカ発というか...

さすが恋愛の国おフランスが舞台というか...


かっ飛んでました。いろんな意味で(爆)

ユキちゃん主演でやるって聞いてたときも、ややこしい内容だなー;と思ってたんですが、
求職中の女性ビクトリアが、ゲイのおじさまトッドと知り合って、女装趣味のゲイのふりしてショーデビュー。で、シカゴの大物キングがそのショー(女性の格好)に惚れ込んでしまうんですが、ゲイだと銘打っているのでゲイに惹かれたなんて認めたくない。美しいのは女性だからだ。でもそうじゃなかったら俺のこの思いは....と悶々して珍騒動、というお話。

2幕で結局キングはビクター(ビクトリア)への恋を自覚して開き直り(^_^;)二人はめでたくラブラブに。それを皮切りにあっちこっちで「....まさか?...やっぱりーーーΣ( ̄ロ ̄!!)」「お前もかい!?Σ( ̄ロ ̄!!)」なカミングアウトの嵐で、
芝居が終わってみれば主要男性キャストはほとんど「そっち系」だったというとんでもない事態に(爆)

トッドがゲイだということは、粗筋にも載っているし、芝居のかなり早めに名言されているんですが(そもそもしょっぱなの歌がまた「パリはゲイの街」とかいう歌なんで既にヤヴァイ;;)
話が進むごとに上記のような「ホモホモ軍団」状態になってくるので、トッドがなんか普通に見えてくるという不思議な現象が(;一_一)
(18日にオフステージ・イベントなるものがあったが、マリエッタ&ホモホモ軍団のディープすぎるトークショーだった。(爆))


かしちゃん、ブログで毎日ヒーヒー言ってたし、ライブの時は声がカソカソだったので心配してたんですが、いつもの調子に戻ってて一安心。やっぱりキメるときはキメてくれるよね!!
でも後でユミコが全く同じパート歌ったときは「あ、本当はこういう音なのね」と思ってしまった...クソッ(T_T)
今回はベッドシーンぽいものもあることもあってか、サイドショウの比じゃないくらいちゅーされてます(-_-メ)
黒燕尾も久々で可愛かったし♪(そういやタッチーは着てなかったな)
ビクターのステージ衣装はどれも豪華できれいなので、今からどれ作ろうか楽しみです♪


トッドは下村さん、岡さんのWキャストなんですが、両方とも観劇しました。
ビジュアルや役作りが違うのはもちろんですが、それぞれの役の演出が全く違っていたのでとても新鮮でした。
下村トッドは年配の設定のようで、髪もやや白髪っぽくなってます。
男爵ビクターが登場した時に色めき立つホモ軍団(笑)のセリフ
「あんなにステキな人が、どうしてトッドみたいなヨレヨレの奴と一緒にいるの!?」
というのから察するに、原本に近いのはこちらなのかも。

いや、下様がヨレヨレというわけではなく決して;;(むしろサイドショウより生き生きしてた(爆))

岡トッドは年配という設定は特になく、ポスターでついてたいかにもなホモヒゲ(あわわ)もなく、髪の色もふつー。ビクターと二人で、黒燕尾で軽く歌うナンバーがあるんですが、ザッツ・ブロードウェイ!って感じで実に絵になります。

結論からすると、下村トッドの方がより原本に近くコメディとして面白い!!なんかねーもう、ひとつひとつの細かい動きが...(笑)乙女なんだよねー(笑)
岡はかっこよすぎ。上記のセリフしかり、トッドはいろんなホモ方面から妬まれたりケンカ売られたりしてるんですが、明らかにヨレヨレじゃないし、あんなペテンまがいの事しなくたって十分そっちの業界でやってけそうな気がして、トッドとしてはつじつまが合わないわけです。

二人とも、フィナーレのあれは...ナニですけど(笑)(岡デカすぎ。身長が相手役のほぼ2倍;)
楽しそうだったから、まぁいいか(笑)


キングの葛山さん。モテモテだね...(笑)
初回の観劇のときは気付かなかったんですが、ビクトリアは一目惚れだったんですね。(トッドもですが;)
ビクターへの気持ちをあーでもないこーでもないと一人ぶつぶつ言ってるナンバーが実に世のヘタレ男の縮図だなーなんて思って面白いんですが、開き直った後の男らしさも「ステキ!!byトッド」
あらゆる方面から(笑)モテモテなキングですが、みんな良い人でよかったなと(笑)
キングの気持ちを尊重して、彼の幸せを願い、そして心から愛してくれていたんだろうなぁ(笑)
そういう人たちだったから、幸せになれたんだと思うよ(笑)あ、ユミコは怒ってたけど;


退団以来お久しぶり、なユミコちゃん。どっから声出してんだ;
在団中はありそで意外と新公ぐらいしかなかったかしちゃんとの絡み。
かしちゃんのパーソナルブックで、かしちゃんが紫子の扮装をしていた時に風吹をやってくれてました。実現したらさぞかし美しかったろう...
かしちゃんとのデュエットダンスなど、面白い2ショットにセクシーショット、ソロナンバーも2曲あって大活躍でした。


バタバタ急展開して、そして最後はハッピーエンドという形式はいかにも古き良きブロードウェイ。
サイドショウも良い舞台だったけど、あれは報われないから、こういう話は楽しくて良い。
かしちゃんの幸せそうな顔が見られるのが良い。



!祝!サイド・ショウ再演けてーーい!!


なるほどなるほど

この告知のためのライブであったか(^−^)(納得)


再演は嬉しいけど、シアター1010遠いぢゃねーかっとか、
バディとジェイク替わっちゃうのかー;とか、
ぽつぽつ気になるところはあるっちゃありますが、

めでたいめでたい\(^o^)/
今回は大阪公演もあるようです(詳細は公式で)
 http://www.sideshow.jp/


新バディは隠して隠してライブ当日にようやくカミングアウトされた吉田朋弘さんということで。
ライブのときはガッチガチだったので(笑)上手い事かしちゃんとの愛を育んでいって下さいね

旅行の日程とも、ヅカ予定とも上手くずれてくれて一安心(笑)

しかしこれで駒家の予定は11月までギッチギチに(;一_一)

6月・・・今週末にミツコ
7月・・・ビクター・ビクトリア
8月・・・ファントム
9月・・・ファントム、ウィーン旅行
10月・・・サイド・ショウ
11月・・・カナリア

どうだ!!(何が?)

お財布と健康に注意して、楽しみにがんばりたいと思いまふ。



ひとときの恋よりも


 「愛と青春の宝塚」青山劇場ver 12日の昼公演と千秋楽を観劇してきましたー

12日にリュータン:マコツー、タッチ―:かし、トモ:ユリちゃん、ベニ:るいちゃん
千秋楽はリュータン:わたる君、タッチ―:かし、トモ:ウメちゃん、ベニ:るいちゃん


ユリちゃんは前回役替わりの都合で見られなかったのでうれしいです♪
ウメは....星いなくなってからお目にかかってないので(東京会館で見たけど)すっごい久しぶり(笑)

前回と演出が変わったところで、芝居のラストシーンで廃墟の中、新しい時代のタカラジェンヌとしてメンバー全員のダンスがあるんですが、最後にタッチーが大階段の上に立って、「♪ひとときの〜」と、主題歌を歌いだすんですよ!!これがプロローグの宝塚レビューの中で、リュータンが歌った場面と全く同じ構図で。
最後はナンバーが終わったときに、横で一人離れて見ていたリュータンが、タッチーを0番に立たせるというものでした。

これを見て、ああタッチーは正式にリュータンの後を継いだんだな、と思いましたね。
ドラマの時もそうでしたが、このお話はタッチー目線で見た宝塚というお話なわけで。
影山のナンバーも、石井さんのときは「先生」という目線での歌詞だったのが今回の岡田版ではえらいストレートなラブソングになっていてびっくりしたし(でもこの時は「好きと言えたら...」なんてネタ帳につぶやいてるぐらいなんだから(爆)こっちの歌詞で良いのかも)
なんだかタッチーの比重が上がったような...ファンのひいき目もあるかもしれませんけどね(笑)

他のトモ、ベニにしても、メインキャストの人がわかりやすく振付が変わっていたりして、面白かったです。


真琴リュータン
あんなスタイリッシュなスーツ(イチゴ持ってくとこ)着てても「兄貴」でした(笑)
地声が低いからねー(笑)先生への歌とかどうなのかなーと思ってましたが歌は問題なかったです。
上記の廃墟でのダンスナンバーで、影山と一緒に離れて見守りながら涙を流している姿が胸に染みました。

わたるリュータン
二回目ということもあってか慣れたもんです。彼女は地声が高いので、恋に目覚めた(笑)ときの可愛い声のギャップといったらもう...(笑)
影山先生に抱きつくときに、勢いよすぎて豪快に投げ飛ばしてました(T_T)(岡田君大丈夫?;;)

こういうリュータンの元気さが、影山にとっての「光」だったんだよね(^−^)

星奈トモ
入学試験のバレエや、タップダンスは流石に美しく魅せますね。
トモの臨終シーンは何度見ても泣いちゃいます...(;_;)

ウメトモ(なんか変な略語だなこれ)
娘役の中では長身、ダンスが得意、ガリッガリの体系(^_^;)、サバサバした感じ
一番「星風鈴子」のイメージに合っていた気がします。
トモの大ナンバー「狼なんて〜」がどうなるかヒヤヒヤしてたんですが、あらアナタできる子じゃない!
臨終シーンはハマリすぎてて怖かったですが(ゴメン)
逆に、スキヤキソング・狼verの号泣でキましたねー。
リュータンと一緒に、大合唱して励ましてくれる仲間を見ながらその場にへたり込んで、大声で泣いてしまった姿を見て、かわいそうに、ずっと我慢してたんだねー(;_;)ともらい泣き。

ワタルちゃんと同じ系統の役者なんだと思う。なりきり系というか。
あそこまで入り込んでいると、芝居の途中から左手がマヒしてるんじゃないかとか彼女の動向が気になってしかたなかったです。もう一回見てもよかったかも。


るいベニ
今回の役替わりパターンはリュータン&トモ、タッチー&ベニのコンビが組み合わせを変えて4パターンという内容なので、かしちゃんを見ていたら必然的にベニはるいちゃんになります。
実際るいちゃんは男役→娘役でトップになった、リアル・トモなんですが、男役の時から地声かわいかったからねぇ...
アフォっぽい感じもたまらんです。( ̄ー ̄)
この物語、ドラマと舞台で決定的に違う点のひとつがこのベニちゃんなんですが、
ドラマでは「華がない」からとリュータンから相手役を断られ、最終的にはトップにならずに退団する役だったのが、舞台版ではタッチーとトップになりそうな勢いです。
初演のときもツッコンでしまったことですが、トモが亡くなった後に「ベニは故郷に帰った」と影山から伝聞するだけでラスト付近まで出てこなかったので、てっきり「故郷に帰った」=「退団」したんだと思ってましたよ(^_^;)実際、本人も「宝塚より家族が大事!」と言ってましたし。
実はこの子一番得してるんじゃ...(笑)
まぁね、そんなツッコミどころもありますが、かしタッチーと踊っている姿はかつてのトップコンビなので感慨深いものがありますね。やっぱお似合い、可愛い(^−^)


影山センセ
エロくなってる!!!!
岡田君は甘いマスクで、一見さわやかそうですがリュータンにもタッチーにもスキンシップ多すぎ!
タッチーとの出会いのシーンで、取っ組み合いになりながらどさくさにまぎれてタッチーをハグしちゃうんですよ!
ウチのむすめに何をするかーーーー!!!と、憲兵になるところでした(爆)
歌も聴かせるし、包容力もあって、前回の石井さんよりも軽い雰囲気になったので、飲んだくれてるところのヘタレっぷりはなかなかでした(笑)

速水中尉
影山先生が変われば速水中尉もまた...
サカケンなだけにえっらいパッショネイトな速水さんで(^_^;)
劇場封鎖の話を聞いて食ってかかったタッチーに、「無茶な人だ」と言いながらなんだか照れてて、
いやいや貴方に迫ってるわけじゃなくて、劇場封鎖を解除してくれって言ってるだけだからとツッコミそうになりました(笑)
出会った時からタッチーの強さに惹かれているのがわかり、こういうのもアリだなーと思わせました。
二人の別れのナンバーは大変情熱的で良かったんですが、あまりにパッションすぎて客席からの芝居フォローや、タッチーとの船上ダンスまでなんだかコメディタッチになってしまったのが残念。
このあたりは初演の本間さんの方が好みかな。

ねぇ....背がねぇ....

誰か他におらへんの?歌えて、踊れて、170cmクラスの女性リフトできる180cm以上のミュージカル俳優は!?更に硬派でイケメンだったら言う事ナシなんだけど...
日本のミュージカル俳優なんてゴマンといる中で、絶対いると思うんだけどなぁ...
主役クラスじゃなくたっていいじゃないですか。ギャラだって抑えられるし、それでもって良い役をやったことで人気が出たら儲けもんだと思うんだけど。

もし次に「愛と青春の宝塚」を再演するなら、是非速水中尉の選考も御一考下さい。
せめて、せめてタッチーよりも背が高い人を。



改めて見ると、やはりよくできたミュージカルだと思います。
「宝塚」と銘打っているけど実際はそれほど「ザ・宝塚」じゃないあたりが。
タッチー目線から見た世界ということで、音楽学校のしきたり云々もコミカルにナンバー化されているし、戦争の話でもところどころに笑いを入れていることで重くなりすぎないし、宝塚初心者にもお勧めしたい作品です。



失敗を重ねて人は大きくなるのだ。


 15日の「いいとも」にかしちゃんが出演してました。
「愛と青春の宝塚」の番宣かねて、マコツー、ゆりちゃんと共に曜日コーナーに御出演。

きやああああ
なんてかぁいいのぉおおおおおお
この人がヒゲつけてたなんて絶対嘘だ(笑)

はいだしょうこちゃん、今のレギュラーなんですねぇ。
マコツーやユリちゃんは入団した時既にトップだった事もあって、「雲の上の人」で自分は「土の中の虫」だとかなんとか、やたらテンパってて日本語しゃべれてませんでした(笑)
そうだよね、ベルばらでエトワールやってたもんねー。
まあさも偉い事になってました(笑)

それぞれ、現役時代の写真が登場してましたが、かしちゃん&マコツーはパレードの羽根つき、ユリちゃんは「夢は世界を〜」のイスファハンでした。や、ユリちゃんだったらマリー・アントワネットだろうが!!

コーナーの主旨は、ゲストがテーマにそった事をした回数をチームで予想して、順位を「金・銀・銅」でつけ、それが当たったら勝ち、みたいなもの。

1問目が「宝塚時代に宝塚のルールを破った回数」
2問目が「宝塚時代に舞台上でした失敗の数」でした。

「ルールを破った回数」
これは音楽学校の話ってことなのかな?
銅・・・マコツー 1回
銀・・・ユリちゃん 2回
金・・・かしげ 3回

と全員控え目な感じ。

音楽学校の特殊なしきたり(笑)について、それぞれ実演を交えてトークしてくれました。
かしちゃんは「廊下を直角に曲がる」という「愛と青春」でも披露していたアレを中居君に指導しつつ見せてくれました。

2問目はしょうこちゃんとユリちゃんが交代。
銅・・・しょうこ 3回(?うろおぼえ)
銀・・・かしげ 20回
金・・・マコツー 100回

かしちゃんは「大きなもの」であのくらい、
マコツーは「ほぼ毎公演作詞してるから軽く100はいってる」というような話でした(^_^;)
そうだよな、マコツーしれっとした顔でよく作詞してるしな(笑)
そんな君のアバウトさが大好きです(笑)

かしちゃんはねぇ...(笑)
現役時代から「足袋7枚重ね」「足袋おきざり」「入ってはいけない袖に入った」などなど、
彼女の武勇伝(爆)はよくカミングアウトされてましたけど。
この日話してくれた、「二丁拳銃じゃなかった龍馬」は私ナマで見ちゃったんで。
ごめんね、かしちゃん、私正直者じゃなかったから、ピストールは一丁しか見えなかったわ(爆)

割と何回かいいともは出演されてますが、一番良かったかな?話も面白かったし。

見逃された方は日曜の増刊号をチェックしてみてくだされ(やらなかったらゴメン)



ビクター・ビクトリア!!


かしちゃんが7月に主演するブロードウェイミュージカル、
「かっこいい系の役」とか、12日のお茶会でイントロだけ聞かされたりとか(ブロードウェイにありがちなイントロで全くわからず)

解禁日までは話せない、ということでもやもやさせられました。


ビクター・ビクトリアですって!!\(^o^)/
私の初恋の君こと高嶺ふぶき様(すいません、本当の初恋はこっちなんです;)(のるさんは正確に言うと「最初の男」です;)
退団後初のお仕事だった公演じゃないですかーーー!!見てないけど。(おい)

いやほら、このころはお金なかったしさ...しがない女子高生だったもん...

もし私がこのころユキちゃんの熱狂的ファンで、実際の舞台を観に行ってて、
それでもってビデオ買ったりオリジナルのサントラ買ったりしてたら、きっと茶会でイントロ聞いたときにわかってたんだろうけどな。


そんなわけで、大体どんな話なのかはわかる。
女の人が男装して女装する話だろ?(おおざっぱすぎ)

見たことないから見てみたい!!(なんかキムシンの歌詞にあったよなこんなセリフ)

おお、しかも共演者はサイドショウでお馴染み、下村さん&岡!!ダブルキャストなんですね。
ユミコちゃんもご一緒ということでうおー楽しみだー♪♪
追記:かしちゃんのブログで「共演は雪組の時に一緒だった彩吹真央ちゃんでーす」
と書かれていて、え....「ちゃん」?(゜.゜)
と思ったんだけど、そうだった下級生だったわ(笑)
いや、最近かしちゃんOGの皆さんが集まると決まって最下級生だし、ユミコさんが立派すぎてつい...(笑)


もうひとつOG関連。

先月アタシが熱狂したDream TrailがDVD化されるって風のうわさに聞きました
いつの公演か調べてみたらなんとゲストのる様!(&ズンコ)
収録1月29日って!!私が見た公演じゃない?

あ、そういやカメラあったかも...

こりゃ、買うしかないね( ̄ー ̄)ニヤリ
当然、家族3人折半でね!!(爆)




ありふれた望み


 ええと、劉ちゃんにしばらく会えなくてさびしいだとか、
4月は観劇予定ないから暇だなーなんて思ってたんですが(雪は3月中に観劇)

嘘でした。かしちゃんゴメン

4月はサイドショウじゃねえか!!

って事で、7日の初日より、地元バンザイ芸術劇場に通っております。

いやー、面白いデスヨー。
先日騒いでいたイコンの誘惑の楽曲しかり、ナンバーはどれも素晴らしいし。
主役二人は衣装の着替えも多くて可愛いし♪
共演者の皆さまも実力派イケメン揃い。

ええ、まぁ話は相当ヘヴィーですよ。
幕切れも「うわっ」と思うほどダーク&シュール(^_^;)
壮絶すぎて泣きました。
嫌な予感はしてたんだけどさ...CD毎日聞いてたから。(訳は間に合わず)

ああ、そうそう我らがカシ様、遂にヤラれました(T_T)
伊礼彼方君から3回もチューっと....
女優だもんね、もう3年も経つしね...いつかはと思ってたけど.....彼方め...(怒)
ファン同士ではかなーり、盛り上がってたんですが、ご本人宛の手紙では意外にも、誰もツッコまれなかったらしい。
とかなんとか思ってたら、舞台の対角で下村さんと樹里ぴょんは更に濃厚なラブシーンを展開していてそれはそれでびっくり(^_^;)

で、サイドショウを見たり、合間にさゆちゃんのアルバムを作成したりと、意外にも忙しい日々を過ごしています。

花の楽映像見ました。
ようやく殺陣が映ったね。(←数少ない、劉ちゃんがかっくいく見えるシーン)
サブリナの一部配役も発表になったようで(大劇終わった直後ってどうなのという気もしないでもないが)相棒の兄弟が見られるみたいで楽しみです。
そういや、アヤネ姫をめぐってまとぶんと争う、定番のトライアングルがなかったですね。Mr.SOぐらいしか(爆)

あ、まとぶんを取り合ってる?(爆)



なんですと!?


 うちのかしげちゃんが、

VS嵐に出演ですと!?

もう収録は終わったらしく(まぁ事前に知ってても観覧なんてできないけどさっ)
2月25日放送予定との事。


えええ、VS嵐、5人と共演したなんてかしちゃんズルイ(そっちかよ)

うちの子がやったんですか。
棒掴みとか、籠かついでロードランナーとか、クライミングとか(それはスペシャル枠だからないだろ)

・・・・ヒヨ子だから、きっと司令塔だな(爆)

時期的なもので考えると、インディゴの番宣かなぁ。未だに出てきてないし。
てことは3月ぐらいまで出ない可能性も...(−−;)いや、ドラマ自体は割りと面白いけどね。

でも、ネプリーグやヘキサゴンでなくて良かった(爆)



迷宮をー♪


全国のイコンの誘惑ファン(?)の皆様、ニュースです。


一幕ラスト、ミッキさんの熱唱(♪革命の闘志が、逃げて隠れた地下水道〜)で始まる大コーラスのナンバーが、

来春かしげ&じゅりの主演舞台サイドショウの楽曲だった事が判明しましたΣ( ̄ロ ̄)


いやービクリィツですよ。
かしげのファンイベントが日曜にあったんですけどね、そこでポスター撮影風景が流れてて、そのBGMがまさにそれ。


サイドショウの初演が97年でイコンが98年。
スカピンといいファントムといい、やったばっかのミュージカルに目をつけてるコイシューおそるべし。

つーかイコン、どんだけ外部曲使ってんのさ?!

今だったら規制厳しくてDVD化したら楽曲差し替えになったりしてんだろうなあ……


あ、こんな曲が聞けるならサイドショウが俄然楽しみになってきた( ̄ー ̄)

今からサントラ手に入らないだろーか




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

コマイズム

profilephoto
まいはにー:壮一帆
昔の男たち(笑):高嶺ふぶき、稔幸、久城彬、汐美真帆、貴城けい、彩海早矢
考えてみたら結構好き:小栗旬、福山雅治、望海風斗、芹香斗亜、その他いっぱい
結婚したい:堺雅人
よく聞く音楽:B'z、銀魂BEST、時々いきものがかり ツイッター: https://twitter.com/hopenuts

selected entries

categories

archives

recent comment

  • カーマイケル君...私には聞けんっ
    カーマイケル
  • 散らば花のごとく
    めい
  • 散らば花のごとく
    駒子
  • 散らば花のごとく
    めい
  • 裏おとめの公開求む(笑)
    駒子
  • 裏おとめの公開求む(笑)
    もも
  • ヴィクトリー♪
    駒子
  • ヴィクトリー♪
    Central
  • っていうか、今でしょ?
    駒子
  • っていうか、今でしょ?
    Central

recent trackback

recommend

links

profile

書いた記事数:801 最後に更新した日:2014/11/14

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM